岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

ブログ

第37回全日本自治体職員スポーツ大会

2015年 6月 7日

―出雲市職員連合 中国地連大会出場へー

 全日本自治体職員スポーツ大会野球の部が浜田市旭公園市民球場において開催され、出雲市職員連合労働組合の応援に行ってきました。前日は浜田市職員労働組合にコールド勝ちし、準決勝は安来市職員労働組合との対戦となりました。

試合は息詰まる投手戦の中、終止押され気味でしたが6回まで両チームとも無得点で進みました。最終回、2死2塁のチャンスを迎え、4番のライト線ヒットにより見事サヨナラ勝ちをおさめました。

続く決勝戦は、県職隠岐との対戦となりました。ここでは出雲市職連合の打棒が爆発し、8対1で5回コールド勝ちをおさめ、優勝を飾りました。

決勝に進んだ2チームと前年優勝の松江市職員ユニオン労働組合の3チームは、7月4日~5日に開催される中国地連大会に出場することが決まりました。都合が付けば、応援に駆け付けたいと思います。

表彰を受ける出雲市職員労働組合野球部

表彰を受ける出雲市職員労働組合野球部

| |

第2回 自治体議員連合全国学習会

2015年 5月 27日

―自治体が抱える諸課題について学習―

 自治体議員連合全国学習会が、東京の「主婦会館プラザエフ」において開催され、参加しました。以下、それぞれの講演の内容について報告します。

講演①「地域包括ケアシステムの構築について~基礎自治体は『地域包括ケアシステムの構築』にどのように乗り出せばよいのか~」

講師:井上信宏(信州大学経済学部教授)

1960年代の「寝たきり老人問題」に端を発した高齢者介護の問題について、その歴史と国の対応を踏まえたうえで、地域住民のサポートを受けながら医療機関や介護施設など専門職が中心となって連携し、どこに住んでいても、適切な医療・介護サービスが受けられる社会を目指す地域包括ケアシステムの課題について提起されました。

現状として、一人暮らし高齢者や認知症の在宅高齢者の増加、複雑な介護ニーズの増加、介護負担の限界、医療・介護保険財政の悪化などの課題があります。地域連携を図っていくためには、時間がかかる作業にはなるもののオール地域で対応するシステムを模索し、多様性のある取り組みを行わなければならないと指摘がありました。

国では、団塊の世代が75歳を迎える2025年を目途として「地域包括ケアシステム」の構築を目指すとしていますが、各自治体においても早くから課題を整理し、連携に向けた議論をしていくことが必要です。

井上教授による講演

井上教授による講演

講演②「地域における移動手段をどう確保していくのか?~地域公共交通の現状を打破するために求められること~」

講師:嶋田暁文(九州大学大学院法学研究院准教授)

地域公共交通について、交通空白地域の解消と移動制約者(外出時に支援が必要な方)のための移動手段の確保という課題の解決が自治体に求められています。そのためには、赤字路線に対する運行補助を行うことで路線の維持を求めたり、公共交通事業者がやってくれるので仕方なくという発想でコミュニティバスを走らせたりするのではなく、自治体は自らの主体的な役割を十分に自覚し、地域公共交通のビジョンをきちんと描いたうえで課題解決にとり組むべきとの指摘がありました。

出雲市においても廃止路線が増え、交通空白地域の拡大が懸念されています。地域的な課題を整理するとともに移動制約者のための移動手段の確保を含め、コミュニティバス、デマンドバス、公共交通空白地有償運送などをベストミックスしていく必要があります。

嶋田准教授による講演

嶋田准教授による講演

講演③「いわゆる『地方創生』の今後の取り組み」

講師:逢坂 誠二(衆議院議員)

地方創生総合戦略の策定について、①しっかりと時間をかけて実態や現状を把握すること。②否定的に捉えず、プラスに転換していくという逆手の発想を持つこと。③どのような地域になりたいのか、目指すのか将来を真剣に考え、魂を入れていくことの3つの視点を示されました。

また、政策決定のプロセスが公開され、そこにどれだけ多くの住民が関わっているかで満足感が違うこと、自治体職員、議会、市民に自分たちでやりきるという覚悟が必要だと指摘されました。

出雲市においても「出雲市まち・ひと・しごと創生連略推進会議」において議論が進められ、秋には策定される予定となっています。策定にあたっては広く市民に公開され、多くの市民と関わりをもったうえで、将来をしっかりと見据えた総合戦略となることが求められます。

逢坂衆議院議員による講演

逢坂衆議院議員による講演

 

| |

自治労島根県本部結成60周年

2015年 5月 16日

―記念講演会とレセプションを盛大に開催―

 自治労島根県本部結成60周年記念式典が、自治労中央本部氏家執行委員長をはじめ、県本部OBの方々などの来賓、各単組役員など総勢300名の参加により松江市ホテル一畑において盛大に開催されました。

式典では、熊沢誠甲南大学名誉教授による「労働組合運動の課題と自治労の役割」と題した記念講演がありました。その中で、「労働組合運動の衰退は個人の受難の時代を引き起こす。今こそ自治労を中心として労働へのやりがい、自主的ルール作り、財政的裏付けのある労働運動の再構築をしていかなければならない。」と指摘されました。

続いて行われたレセプションで冒頭あいさつに立った成相執行委員長は、「不祥事問題などもあったが、自治労に結集する仲間の皆さんや諸先輩方のたゆまぬ努力に支えられながら60周年を迎えられたことは大変感慨深い。これからも島根県本部は賃金・労働条件の向上を中心とする諸課題について運動を前進させることで皆さんに応えていきたい。」とのあいさつがありました。

私にとっても、連合島根で専従した2年間、そして単組委員長として携わった3年間の島根県本部の役員としての経験は大変貴重なものであり、こうして60周年を迎えられたことについては非常に感慨深いものがあります。自治労運動で培った知識と経験は議員としても大変な支えとなっています。より良い自治体をつくっていくためにも、さらに努力していかなければならないと強く感じました。

 

記念講演する熊沢誠甲南大学名誉教授 

記念講演する熊沢誠甲南大学名誉教授

成相執行委員長のあいさつ

成相執行委員長のあいさつ

 

| |

出雲市職員退職者会 第7回定期総会

2015年 5月 14日

―会員が100名を超える―

 出雲市職員退職者会の第7回定期総会が、約40名の参加者により出雲会館において開催されました。

退職者会は2010年9月に設立して以来、今年で5年目を迎えますが、会員数が106名となり、初めて100名を超すこととなりました。親睦旅行や料理教室、研修会などさまざまな自主企画事業を積極的に行っており、会員相互の交流と親睦が図られています。

総会では、2014年度活動報告・決算報告及び2015年度活動方針・予算が提起され、それぞれ承認されました。今後は会員のさらなる拡大と他団体との連携を図り、会員相互の扶助と生活の向上を図っていくことが望まれます。

私も退職者会の一員として、できるだけ多くの事業に参加して行きたいと思います。

出雲市職員退職者会 中尾会長のあいさつ

出雲市職員退職者会 中尾会長のあいさつ

| |

浦富海岸健康マラソン大会

2015年 5月 10日

―屈指の難コースに挑戦―

 鳥取県岩美町で開催された浦富海岸健康マラソン大会10kmの部に、昨年に引き続き出場しました。今年は第30回の記念大会ということもあり、3400名を超える参加者の中、オリンピックメダリストの有森裕子さんをゲストに迎え、盛り上がった大会となりました。

このコースは5㎞で50mの標高差があるという難コースで、昨年は2回も歩いてしまいましたが、今回は何とか歩かずに完走することができました。タイムは昨年を約2分上回りましたが、目標の1時間はきれず、1時間32秒でのゴールとなりました。

大会後は名湯「岩井温泉」の湯に浸かり、その後世界ジオパークに指定されている浦富海岸を遊覧船で巡り、自然を満喫できました。コースは厳しいものの、アットホームなこの大会には次回も挑戦したいと思います。

ゴール後に記念撮影

ゴール後に記念撮影

 

 

| |

出雲市の文化財をガイド

2015年 5月 4日

―トロッコ列車 奥出雲おろち号―

 王墓の里文化財ボランティアガイドとして、毎年恒例となっているトロッコ列車のガイドに参加しました。時折雨の降るあいにくの天気でしたが、ゴールデンウィークのこともあり、出雲市駅からは観光客と思われる家族連れやグループなど約20人の乗客がありました。

直江駅での停車時間を利用して、西谷墳墓群と荒神台遺跡について約10分間、説明をしました。今回からパンフレット類を観光用の手提げ袋に入れて配布するようになり、何人かは熱心に聞いてくださった方もいました。私は、会員として毎年2~3回ガイドとして参加していますが、多くの皆さんに出雲の魅力をPRできるよう、話し方や題材に工夫していきたいと思います。今年はあと2回参加する予定です。

奥出雲おろち号

奥出雲おろち号

| |

第4回トキと花の郷ふれあいウォーク

2015年 4月 29日

―580名が心地よい汗を流す―

 昭和の日の恒例となっているトキと花の郷ふれあいウォークが、580名の参加により開催されました。コースは10km、5㎞、2.5kmの3コースで、参加者はそれぞれ自分に合ったコースを、新緑を楽しみながら心地よい汗を流しました。

このウォークは、トキ分散飼育施設の開設を契機にはじまり、朱鷺会館をスタート・ゴールとし、しまね花の郷周辺を巡る自然に恵まれたコースとなっています。近年のウォーキングブームから、年々参加者が多くなっており、活気ある催しとなっています。

私は2年連続で参加していましたが、今年は行事が重なったため、開会式のみの参加となりました。来年は是非とも10kmコースに参加したいと思います。

開会式のようす

開会式のようす

 

| |

澄川喜一氏による特別講演

2015年 4月 25日

―世界連邦・出雲フォーラム―

 世界連邦・出雲フォーラム第4回総会が、約50名の参加者により縁結び交流館で開催され、合わせて世界的な彫刻家である澄川喜一氏による特別講演会がありました。

澄川氏は六日市町出身で元東京藝術大学学長、現在は島根県芸術文化センター長であり、東京スカイツリーデザインの監修や、全国の美術館などでモニュメント制作に携わっていらっしゃいます。

講演の中では、戦時中に中学生であった頃、岩国の錦帯橋に魅せられ、その構造を独学で調べたことや、カンボジアでアンコールワット遺跡の調査、保存を行った話など、興味深く聞かせていただきました。また、東京スカイツリーには様々な工夫があることや裏話も聴くことができ、有意義な講演会となりました。

世界連邦・出雲フォーラムは、市民有志が防災や環境、健康・福祉、教育など身近な問題を幅広く学び、21世紀の出雲や日本・世界の未来を展望し、語り合いつつ絆を深めることによって、諸外国との友好交流のさらなる発展を目指すことを目的としています。

今後も機会があれば積極的に参加し、知識を深めていきたいと思います。

澄川喜一氏による特別講演

澄川喜一氏による特別講演

 

| |

第10回 ファミリーコンサート

2015年 4月 19日

―合唱・オーケストラを堪能―

 出雲芸術アカデミー音楽院の第10回ファミリーコンサートが大社町「うらら館」で開催されました。当日は雨にもかかわらず会場は満席となり、熱気あふれる公演となりました。

合唱では、ジュニアからシニアまで息のあった歌声が披露され、オーケストラも音楽院での練習の成果が発揮された素晴らしいものでした。

出雲芸術アカデミーのコンサートへは年に2~3回聴きに出かけますが、学長である米山道雄先生をはじめ、中井監督、講師の皆さんの熱心な指導により、毎回趣向を凝らした素晴らしい演奏を堪能することができます。青少年の健全育成や地域の活力醸成にも貢献しており、機会があれば今後も聴きに行きたいと思います。

| |

2015年度地方財政セミナー

2015年 2月 19日

ー2015年度予算の課題、問題点を整理―

・講演①「2015年度予算とアベノミクス」

講師:小泉和重(熊本県立大学経済学部教授)

2015年度予算は、史上最大の96兆3420億円となっています。税収は伸びているものの、消費税の増税により実質賃金はマイナスであり、年金など社会保障費については実質的な削減、負担増を求めるものである、さらに法人税実効税率の引き下げなど大企業に特化した減税策や防衛費の拡大などについて大きな問題があると指摘がありました。

また、デフレ脱却をめざし、持続的成長を掲げるアベノミクスについて、消費税2017年4月に延期したことは量的緩和が続行され、長期金利増の要因を高め、出口戦略が見えないことが指摘されました。

出口が見えないまま経済対策を続行し続ければ、ますます国の借金が膨張するのではないかと懸念されます。

小泉和重氏による講演

小泉和重氏による講演

・講演②「2015年度税制改革―アベノミクスに翻弄される税制」

講師:中村良弘(熊本学園大学経済学部教授)

税制改革について、相続税を増税しながら、他方で贈与税の非課税措置を設けて相続税回避の道を開いていることは、生前贈与を促進して有効需要拡大につなげようというもので、経済対策に税を利用するものである。「公平、中立、簡素」という租税原則からますます乖離しつつある、と述べられました。

法人税実効税率の切り下げや相続税・贈与税などの改正は決して大企業や高所得者のための経済対策であってはならないと感じました。

中村良弘氏による講演

中村良弘氏による講演

・講演③「2015年度地方財政計画と地方財政―問われる一般財源確保のフレーム」

講師:其田茂樹(地方自治総合研究所研究員)

地方自治体にとって何らかの行革算定が行われるものと考えられるが、行革が地域の元気やまち・ひと・しごと創生につながるものではないこと、今後、さらに歳出削減圧力が進むことが予想され、地方自治体は地方単独事業の内容についての明示化していくことが必要であると指摘がありました。

国の一方的な査定による地方自治体への財源削減はあってはならないことだと思います。また、交付税制度についても措置の削減必要な経費が必要に応じて確保される財政調整制度の「フレーム」を確立していくことの重要性を学びました。

其田茂樹氏による講演

其田茂樹氏による講演

 

| |