岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

ブログ

市政報告会

2021年 8月 22日

― 新たな議会体制や7月豪雨災害などについて報告 ―

 パルメイト出雲において、市政報告会を開催しました。4月に執行された出雲市長および市議会議員選挙の結果や6月議会で行った2つの一般質問(①道路冠水や浸水する地域への対策について②JR木次線への支援について)を中心に報告しました。また、改選後に開催された臨時会で決定した議長・副議長や常任委員会などの構成などについても報告しました。

そのほか、7月6日からの大雨による被害の状況や支援策、8月9日の台風による被害、新型コロナウイルスのワクチン接種状況などについても報告しました。報告会には、約50名の皆さまにご参加いただき、私の考えや活動、そして現在の姿勢における課題などを知ってもらえる良い機会になったと思います。今後も、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮しながらにはなりますが、議会ごとに市政報告会を継続していきたいと思います。

市政報告会のようす

市政報告会のようす

| |

出雲市同和教育講演会

2021年 8月 21日

― 部落差別解消法を学ぶ ―

 出雲市同和教育講演会が出雲市民会館において開催され、参加しました。講師は、近畿大学名誉教授の奥田均氏で「部落差別解消推進法を学ぶ」と題して講演がありました。「部落差別解消推進法」は、2016年に制定・施行され、地方公共団体には、相談体制の充実や教育および啓発を行うことが求められています。

奥田氏からは、さまざまな差別問題に取り組むにあたって、立ちはだかる『3つの壁』について、話がありました。第1の壁は、差別の現実に対する無視や軽視です。そこからは無関心が生まれ「熱心に取り組まなくていい」「適当にやっておけばいい」という取り組みに対する否定が生まれるとのことです。第2の壁は、「区別と差別の混同」による「宿命論」という誤解です。この考え方になると「取り組んだところで差別はなくなるものではない」となり、実践への熱意や意欲をそぎ、差別解消にはつながらないとのことです。3つ目の壁は、そっとしておけば自然に差別はなくなるという「寝た子を起こすな論」です。この考え方に立てば、取り組まないことが有効な取り組みとなり、例え善意に支えられていたとしても、差別解消の取り組みを妨害する壁となると指摘されました。

「部落差別解消推進法」では、地方自治体には国との適切な役割分担を踏まえて、その地域の実情に応じた相談体制の充実や教育および啓発が求められています。さまざまな差別問題を解決していくため、その根底にある3つの壁を取り除く努力を継続していく必要があると感じました。

| |

出雲地区ろうきん友の会総会および研修会

2021年 6月 29日

― 友の会事業に初の参加 ―

 出雲地区の労働者福祉協議会参加構成組織の元組合員で組織する「ろうきん友の会」総会がパルメイト出雲において開催され、初めて参加しました。総会では、2020年度活動報告、決算報告、2021年度活動計画、予算などが提起され、それぞれ承認されました。また、役員が改選され、これまで長年にわたり会長を務められた中尾一彦氏に替わり、新会長に大田茂氏が就任されました。

2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、総会を含めすべての事業が中止となったようですが、今年度はグランドゴルフ大会や日帰り旅行、文化祭などが計画されています。感染症の状況次第ですが、都合のつく限り参加したいと思います。

総会終了後には研修会が行われ、健康運動指導士の勝部真理子さんによる「自宅でできる健康体操」を実践しました。軽妙な語り口と適度な運動の指導を受け、参加者の皆さんは楽しく汗を流すことができました。

大田茂新会長のあいさつ

大田茂新会長のあいさつ

| |

出雲市集落応援隊

2021年 6月 27日

― 多伎町・西明石自治会内の市道の除草を行う ―

 今年2回目となる出雲市集落応援隊に参加しました。業務は、多伎町西明石自治会内の市道西明線約2㎞区間の除草作業で、応援隊約40名が参加しました。

当日は、この時期にしてはしのぎやすく、また、森林に囲まれていることから、作業しやすい天候となりました。区間が長いことから、起点、終点、中間地点の3班に分かれ、沿道の除草作業を進めていきました。雑草や笹が大量に繁茂していましたが、参加者が多かったこともあり、1時間30分ほどできれいにすることができました。

市道沿いには、現在、数件の世帯しかなく、高齢化が進んでいます。市民が協力しながら地域で困っている方々の生活確保、安全を守るため、今後も都合のつく限り参加していきたいと思います。

除草作業できれいになった市道

除草作業できれいになった市道

| |

出雲市集落応援隊

2021年 6月 20日

― 令和3年度 第1回目の参加 ―

 今年第1回目となる集落応援隊の要請があり、参加しました。今回は、乙立町立久恵自治会からの要請により、神戸川河川敷約300m区間での除草作業を行いました。

河川敷には法面も多く、雑草のほか、樹木も繁茂し、作業は大変でしたが、約50名の参加者があったことから、順調に進み、約1時間30分で終えることができました。

立久恵地区では高齢化が進むとともに、神戸川が地区内貫くように流れていることから、除草作業にあたっては、大変なご苦労があると思います。出雲市集落応援隊への派遣要請は年間約10件程度ありますが、毎年2~3回程度は参加しています。今年も都合のつく限り参加していきたいと思います。

草刈り作業のようす

草刈り作業のようす

 

| |

出雲弥生の森博物館 職員リレー講座

2021年 6月 12日

― 斐川町「結古墳群」について学ぶ ―

 第2回目となる職員リレー講座が開催され、聴講しました。講師は、下江裕貴氏で「出雲市内最大の古墳群調査―斐川町「結古墳群」の再整理―」と題した講演がありました。

結古墳群は、斐川町直江・三絡に所在し、工業団地造成に伴って1984年・1985年に旧斐川町が発掘調査を行っています。標高約30mの丘陵上に円墳20基、方墳14基の計34基が密集し、古墳時代中期後半から後期前半(5世紀中頃~6世紀中頃)に築かれたと考えられています。また、埋葬施設が判明した19基すべてが墳丘の頂上に墓壙を掘ってその中に木管を安置するという竪穴系の埋葬施設を持っており、横穴式石室が導入される以前の時期に集中して古墳が築かれた「初期群集墳」と呼ばれる古墳群と言えます。

特出する出土遺物としては、結11号墳から出土した蛇行剣(じゃこうけん)があります。蛇行剣とは、うねって蛇のように曲がる剣身を持つ鉄剣のことで、近畿地方で製作され、畿内政権が九州南部をはじめとした地方の有力者に配布・下賜したものと考えられているそうです。そのほか、円筒埴輪や須恵器、土師器などが出土しています。

現在、出雲市では、結古墳群の隣接地に斐川町新工業団地が建設される予定であり、今年度から発掘調査が開始されることとなっています。結古墳群の再整理を進めるとともに、新たに発見される遺跡との関連、埋葬施設や出土遺物について比較・検討され、研究が進むことが期待されます。

講座のようす

講座のようす

| |

しまね分権自治フォーラム「2021躍進パーティー」

2021年 6月 11日

― 衆議院選挙島根第1区予定候補者 亀井亜紀子氏の国政報告を開催 ―

 しまね分権自治フォーラムが主催する「2021躍進パーティー」が松江市テルサにおいて開催され、自治体議員連合の一員として参加しました。フォーラムでは、「働く者の」立場で政治を前に進め、地方分権の推進と公共サービスの拡充、地域の立場に立った政策を発信するため、定期的に開催しています。

秋に執行される衆議院議員選挙島根第1区予定候補者の亀井亜紀子氏を迎え、今通常国会における国政報告会が開催されました。新型コロナウイルスの感染拡大、オリンピック・パラリンピック開催の問題点、LGBT基本法、女性の社会進出の課題など、多岐にわたり政党として目指す方向性が語られました。

感染症拡大により、首都圏などでは3回目の緊急事態宣言が発令されている中、飲食の提供はありませんでしたが、現職国会議員の生の声を聴くことができ、今後の選挙に向けて参加者の皆さんの意志結集を図る良い機会であったと思います。

| |

出雲市職員退職者会 さつまいも耕作

2021年 6月 6日

― 400本の苗を植える ―

 出雲市職員退職者会の恒例行事、さつまいも耕作が湖陵町大山さつまいも農園において行われ、約400本の苗を植えました。

約20名の会員が参加して畝を6列作り、マルチをかけ、約25㎝の間隔で苗を植えていきました。皆さん、手慣れたもので1時間30分ほどかけて植え付けが終わりました。収穫は10月16日が予定されており、立派なさつまいもができることを期待しています。

さつまいもの植え付けのようす

さつまいもの植え付けのようす

| |

「藤原正 組子細工展」を観覧

2021年 6月 4日

― 現代の名工の技に魅了 ―

 出雲文化伝承館で開催されている「藤原正 組子細工展」を観覧しました。下古志町在住の建具師、藤原正氏は、平成31年に島根県卓越技能者に認定、令和2年に卓越した技能保持者を顕彰する厚生労働大臣表彰「現代の名工」を受賞されています。

展示品は、行灯や屏風、壁掛けなど多岐にわたり、ミリ単位の技術がいる組子細工を使用し、繊細で優美な木工芸の世界に魅了されました。名工として、ますます活躍されることを期待しています。展示期間は7月4日までですので、皆さんもぜひ観覧してみてはいかがでしょうか。

| |

出雲市職員退職者会 市内遠足

2021年 5月 30日

― グランドゴルフに汗を流す ―

 今年度初めての退職者会事業となる市内遠足が平田地域で開催され、参加しました。17名の退職者の皆さんが参加し、午前中は平田ニュースポーツ広場においてグランドゴルフ大会、午後からは桧山地区にある「虹が滝」へのウォーキングと平田一式飾りを作成する2班に分かれ、それぞれ楽しみました。

私は、あいにく午後の部は都合により参加できませんでしたが、約2年ぶりとなるグランドゴルフ大会に参加しました。結果は17名中10位と中途半端な結果に終わりましたが、好天にも恵まれ、十分に楽しむことができました。

昨年度は、新型コロナウイルスの影響により、ほとんどの事業が中止となりましたが、今年度は可能なものから徐々にはじめ、退職者会の皆さんとの親睦を深めていきたいと思います。

| |