岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

地域での取り組み

秋の美化奉仕活動

2019年 9月 8日

― さらなる啓発が必要 ―

 神門クラブが主催する秋の美化奉仕活動に参加しました。例年どおり、早朝7時に本郷ブロックの会員5名が文化会館前に集合し、町内道路沿線のゴミ拾いを行いました。

何回行っても目立つのはタバコの吸い殻です。また、ペットボトルや空き缶、タオルなども回収しました。約1時間の活動でしたが、ゴミ袋に半分溜まるほどの量となりました。喫煙者のマナー向上とポイ捨てについてさらに啓発する必要があります。

集まったゴミ

集まったゴミ

| |

神和祭(体育祭の部)

2019年 9月 5日

― 元気よく入場行進 ―

 河南中学校の神和祭(体育祭の部)が開催され、参加しました。当日は絶好の体育祭日和となり、赤、青、黄組の3チームに分かれた生徒たちは、元気よく入場行進を行いました。また、各色で作成したデコレーションもそれぞれのスローガンを表現したものとなっていて工夫が見られました。

残念ながら議会中のため、開会式までの参加となり、競技を見ることはできませんでしたが、体育祭をとおして生徒たちがますます結束するとともに、健やかに成長していく姿を楽しみにしています。

入場行進のようす

入場行進のようす

| |

芦渡町北自衛消防隊

2019年 8月 18日

― 水出し訓練を実施 ―

 芦渡北自衛消防隊の水出し訓練が行われ、参加しました。消防隊では、偶数月に水出し訓練を行っていますが、現在のところ水圧やポンプ、ホースなど機材も順調に稼働しています。

今年に入って神門地区でも火事で住宅1棟が全焼しています。訓練場所の本郷文化会館のある極楽寺には、県指定文化財の阿弥陀如来坐像もあることから、万一の火災に備え、日頃から訓練しておくことが重要です。

水出し訓練のようす

水出し訓練のようす

| |

第34回 真幸ヶ丘公園まつり

2019年 8月 14日

― 強風により花火大会は中止 ―

 台風10号の影響が心配された真幸ヶ丘公園まつりは、強風のために花火大会は中止となりましたが、他の催しは何とか開催することができ、参加しました。

ビンゴゲームやX+(えくすと)、アイノテのコンサート、福引抽選会など、例年よりも参加者は少なく、少し寂しい感じがしました。幸いにも強風による影響はあまりありませんでしたが、途中からは雨も降り出し、帰宅する人も多くありました。地域防災、減災が叫ばれる中、実行委員会として開催が妥当であったのかなど検証が必要だと思います。損失より人命を第一に考えた対応が求められます。

X+(えくすと)のコンサート

X+(えくすと)のコンサート

| |

真幸ヶ丘公園奉仕作業

2019年 8月 12日

― まつりを控え 公園を清掃 ―

 真幸ヶ丘公園の奉仕活動が行われ、参加しました。早朝7時からの奉仕活動には、神門地区内から約100名が参加し、14日に開催される真幸ヶ丘公園まつりに向け、公園内の草取りや草刈り作業を行いました。

1時間ほどの作業でしたが、公園はまつりを控え、見違えるように綺麗になりました。連日の猛暑に続き、台風10号による影響が心配されますが、まつりが無事に開催できることを祈っています。

奉仕作業のようす

奉仕作業のようす

| |

第63回島根県消防操法大会

2019年 7月 28日

― 神門分団 15年ぶりに優勝 ―

 第63回島根県消防操法大会が浜田市金城総合運動公園において開催され、ポンプ車の部に参加した神門分団が見事優勝を果たしました。残念ながら、私は応援には行けなかったものの、午後19時から行われた解団式に参加しました。

神門分団のポンプ車の部優勝は15年ぶりとのことで、優勝旗と優勝纏を持ち帰った選手をはじめ団員の皆さんは、充実した面持ちで大会までの長い道のりを振り返っていました。この間の苦しかった訓練や地域の皆さんの想いを背負いながらの奮闘に心より敬意を表したいと思います。

解団式には、河原消防団長、平井消防長をはじめ、消防団、消防本部の役員、そして地元OBの方も多く駆けつけ、盛大な会となりました。全国大会は、来年10月に千葉県において行われることが決まっています。これから1年間、訓練が続きますが、島根県代表として精いっぱい闘ってほしいと思います。

| |

農政会議河南ブロック懇談会

2019年 7月 22日

― 農業環境の改善に向けて ―

農政会議河南ブロック懇談会が、「ビアムーン」において開催され、出席しました。要望事項として、農業用排水路の保全管理や耕作放棄地対策、有害鳥獣対策などがあげられました。また、要望ヵ所の一部については現地視察を行い、現状を把握しました。

例年、農政会議では各ブロックからの要望を全体で取りまとめ、8月上旬に出雲市議会農政会議に要望、9月議会で陳情を提出するなどの取組みが行われています。しかしながら、ブロック別の個別具体案件については、全体の要望に組み入れにくいため、市に十分に伝わっていない現状があります。農業環境の改善に向け、ブロックからの個別要望を行っていく必要性を感じています。

ブロック懇談会のようす

ブロック懇談会のようす

補修が必要な十間川土手

補修が必要な十間川土手

| |

本郷町内会 秋葉まつり

2019年 7月 14日

― 秋葉まつりの継続を願う ―

 本郷町内秋葉まつりが開催されました。例年、祭りの日には早朝から排水路の掃除や極楽寺の草刈りなどを町内総出で行っています。当日は雨が心配されたものの何とか持ち、町内は見違えるように綺麗になりました。

法要は17:30分から執り行われ、18:00からお祭りとなりました。町内の小学生の歌で始まり、メインの出し物は神門慶人会の皆さんによるカラオケや安来節、マジックショーでした。マイクの調子が悪く、少し可愛そうでしたが十分楽しむことができました。秋葉まつりも年々人数が減ってきていますが、古くからのお祭りである秋葉まつりが今後も末永く続いてほしいと思います。

| |

エネルギーセンター安全管理委員会

2019年 7月 4日

― ごみの受入・処理と環境調査は順調に推移 ―

 出雲エネルギーセンター安全管理委員会が開催され、出席しました。委員会では、ごみの受入・処理の状況および平成30年度の環境監視結果について報告がありました。

ごみの受入・処理状況については、搬入量が前年度に比べてやや減少しているものの、これは大田市や雲南市、飯南町からの受入が減少しているためであり、出雲市では逆に増えている状況です。処理については大きな故障もなく、順調に推移しているとの報告がありました。また、環境監視業務においては、土壌、水質、底質、大気、排ガスなどの値もほぼ環境基準以下であり、動物、植物調査においても前年と同様の結果で、環境に与える影響は認められないとの報告がありました。

その他、定期補修と大規模改修、今年度の環境監視業務、次期可燃ごみ処理施設の進捗状況、エネルギーセンター稼働停止後の対応などについて、説明がありました。次期可燃ごみ処理施設は、令和4年4月からの稼働予定で、順調に工事が進んでいるとの報告がありました。また、エネルギーセンター稼働停止後には、ゴミ処理ピットの解体やしまね花の郷への売電などについての課題があることから、㈱日立、島根県などとの調整をはじめているとの報告がありました。

委員会のようす

委員会のようす

現在のエネルギーセンターでの稼働は、残すところ2年半余りとなりましたが、最後まで順調に稼働し、環境にも影響が出ないよう、引き続き安全管理委員会において推移を見守っていくことが重要です。

| |

芦渡北自衛消防隊

2019年 6月 30日

― 令和初の水出し訓練 ―

 芦渡北自衛消防隊の水出し訓練が極楽寺において行われ、参加しました。水出し訓練は、偶数月に実施しており、令和はじめての訓練となりました。当日は雨が心配されたものの、何とか天気は持ちました。

今月初旬には神門地区内の民家が全焼したばかりです。火災は天気に関係なく起こり得ます。いつ起こるかもしれない火災に備え、日頃から訓練しておくことが必要です。

| |