岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

地域での取り組み

エネルギーセンター安全管理委員会

2019年 7月 4日

― ごみの受入・処理と環境調査は順調に推移 ―

 出雲エネルギーセンター安全管理委員会が開催され、出席しました。委員会では、ごみの受入・処理の状況および平成30年度の環境監視結果について報告がありました。

ごみの受入・処理状況については、搬入量が前年度に比べてやや減少しているものの、これは大田市や雲南市、飯南町からの受入が減少しているためであり、出雲市では逆に増えている状況です。処理については大きな故障もなく、順調に推移しているとの報告がありました。また、環境監視業務においては、土壌、水質、底質、大気、排ガスなどの値もほぼ環境基準以下であり、動物、植物調査においても前年と同様の結果で、環境に与える影響は認められないとの報告がありました。

その他、定期補修と大規模改修、今年度の環境監視業務、次期可燃ごみ処理施設の進捗状況、エネルギーセンター稼働停止後の対応などについて、説明がありました。次期可燃ごみ処理施設は、令和4年4月からの稼働予定で、順調に工事が進んでいるとの報告がありました。また、エネルギーセンター稼働停止後には、ゴミ処理ピットの解体やしまね花の郷への売電などについての課題があることから、㈱日立、島根県などとの調整をはじめているとの報告がありました。

委員会のようす

委員会のようす

現在のエネルギーセンターでの稼働は、残すところ2年半余りとなりましたが、最後まで順調に稼働し、環境にも影響が出ないよう、引き続き安全管理委員会において推移を見守っていくことが重要です。

| |

芦渡北自衛消防隊

2019年 6月 30日

― 令和初の水出し訓練 ―

 芦渡北自衛消防隊の水出し訓練が極楽寺において行われ、参加しました。水出し訓練は、偶数月に実施しており、令和はじめての訓練となりました。当日は雨が心配されたものの、何とか天気は持ちました。

今月初旬には神門地区内の民家が全焼したばかりです。火災は天気に関係なく起こり得ます。いつ起こるかもしれない火災に備え、日頃から訓練しておくことが必要です。

| |

神門地区身障者協会総会

2019年 6月 30日

― 会員の減少と高齢化が課題 ―

 神門地区身障者協会総会が、神門コミュニティセンターにおいて開催され、出席しました。総会では、平成30年度事業報告および決算、令和元年度の事業計画および予算が審議され、それぞれ承認されました。

身障者協会においては、会員の高齢化と減少が課題となっており、年々行事に参加する人も減少しているとのことです。新規会員を募っていくことも重要ですが、高齢の身障者の方々を支援していくことも必要です。また、私たち一人一人が身障者の方々の心に寄り添い、意識を高めていくことにより、それぞれの立場で社会参画していける環境を整えていくことが重要だと思います。

総会のようす

総会のようす

| |

しまね花の郷美化ボランティア

2019年 6月 29日

― トキ一般公開に向け除草作業 ―

 しまね花の郷美化ボランティアに参加しました。当日は雨が心配されましたが、何とか天気は持ち、約150名のボランティアにより1時間ほど除草作業を行いました。

7月1日から始まるトキの一般公開に向け、しまね花の郷から公開施設に向かう連絡通路付近を中心に除草を行いましたが、作業前とは見違えるように綺麗になり、2日後に迫った公開日には気持ちよく通路を通っていただけると思います。今後も機会があれば、さまざまなボランティアに参加していこうと思います。

除草作業のようす

除草作業のようす

| |

農政会議神門支部通常総会

2019年 6月 26日

― 新支部長に岸茂樹氏を選出 ―

 農政会議神門支部通常総会が、JAしまね神戸川支店において約30名が参加し、開催されました。総会では、平成30年度の活動報告および収支決算、令和元年度の活動方針および収支予算が提起され、それぞれ承認されました。また役員の改選が行われ、新支部長には岸茂樹氏が選出されました。

農政会議では、農業従事者とともに年々組合員が減少してきていますが、用排水路の老朽化や耕作放棄地の問題など農業における課題は逆に多くなってきています。また、新規参入のハードルの高さや食料自給率の低下、TPPが与える影響など、農業を取り巻く環境はますます厳しくなっています。

地域からの要望を取りまとめ、行政に要望していく重要な組織として、島根県、出雲市、地域社会、JAと農業者が連携し、行動を続けていく必要があります。

通常総会のようす

通常総会のようす

| |

神門商工振興会通常総会

2019年 6月 1日

― 地域経済の発展に貢献 ―

 神門商工振興会通常総会が「ビアムーン」において約40名の参加者のもと開催され、出席しました。総会では、平成30年度の事業報告、決算、令和元年度の予算などが提起され、それぞれ承認されました。

神門商工振興会では、大型店やコンビニなどの出店、競争激化などにより、年々会員数が減少している状況にありますが、桜まつりや平成温泉地蔵尊祭り、地区内における各種イベントへの協賛などをとおして、地域経済の発展に貢献しています。これからも継続した活動ができるよう、支援していきたいと思います。

通常総会のようす

通常総会のようす

| |

神門地区農地と水と環境を守る会

2019年 5月 18日

― 交付金の減少に対処が必要 ―

神門地区農地と水と環境を守る会の総会が神門コミュニティセンターにおいて約80名の参加者により開催され、出席しました。農地と水と環境を守る会では、地域住民が一体となり、ボランティア精神のもとに地域の活性化に資する共同活動事業、個々の農家では困難な農業用水路などの長寿命化のための更新・補強、農道の舗装などに取り組む向上活動事業を行っています。総会では平成30年度の活動報告、収支決算報告、令和元年度の活動計画、収支予算などが提起され、それぞれ承認されました。

課題として、神門地区では高齢化の進展に併せ、宅地開発・商業施設の集積などから農地転用が進み、交付対象農地面積の減少により交付金が当初に比べて約100万円余り減少しており、地区で計画されていた活動の一部を次年度以降に繰り延べせざるを得なくなっていることがあげられます。限られた財源に中ではありますが、優先順位をつけるとともに事業の精査を行い、有効な共同活動と向上活動を継続していくことが必要です。

総会のようす

総会のようす

| |

神戸川興学会評議員会

2019年 5月 14日

― 住民の協助によりさまざまな整備を充実 ―

 神戸川小学校興学会評議員会が開催され、出席しました。委員会では、平成30年度の事業報告、決算報告、令和元年度の事業計画、予算について審議され、それぞれ承認されました。

興学会では、校区内世帯からの会費により、施設整備の充実や環境整備、幼稚園への助成、研究助成など、学校生活に資するさまざまな整備を行っています。住民の協助により、地域の子どもたちが健やかに成長することを願っています。

評議員会のようす

評議員会のようす

| |

平成温泉地蔵尊祭り

2019年 5月 11日

― 地蔵尊と観音菩薩像3ヵ所を供養 ―

 神門商工振興会が主催する平成温泉地蔵尊祭りが開催され、参加しました。供養には地元町内の方々をはじめ、神門地区の役員の方々も大勢駆けつけ、賑やかなものとなりました。

地蔵尊は、平成温泉が地下1200mから初めて湧出した地点に平成6年に建立されています。当日は地蔵尊の前で、地元の寺により供養をしていただきました。その後、琴打公園にある地蔵尊、西出雲駅東側にある観音菩薩像の供養もあわせて行いました。

法要のようす

法要のようす

| |

「神門JAそばの会」

2019年 5月 10日

― 令和初めてのそばを堪能 ―

 「神門JAそばの会」がJA神戸川支店において開催され、参加しました。総会では、平成30年度の活動報告と決算報告があり、それぞれ承認されました。その後、下古志地区の担当によりそばが振る舞われ、令和となって初めてのそばを美味しくいただきました。

そばの会では、現在24名の会員で活動しています。私も今年になってからそば打ちセットを揃え、数回自宅で打っていますが、ベテランの皆さんのようにはうまくできません。回数をこなし、恥ずかしくない程度のそばが打てるよう、上達していきたいと思います。

そばの会総会のようす

そばの会総会のようす

| |