岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

地域での取り組み

十間川河川改修事業(持田橋)説明会

2021年 6月 30日

― 河川改修のスピードアップを ―

 十間川河川改修事業(持田橋)説明会が神門コミュニティセンターにおいて開催され、出席しました。説明会は島根県出雲県土整備事務所が主催し、地元神門地区および神西地区の自治会、土木委員、交通安全対策協議会などが参加し、市の建設企画課も同席したうえで開催されました。

十間川は神西湖に流入する県管理河川ですが、大雨時に増水し、過去に多くの浸水被害などが発生しています。このため、下流部より川幅を拡幅する工事が行われています。現在は、拡幅工事のために県道多伎江南出雲線に架かる持田橋を付け替える工事が行われています。計画では、今年度末に迂回路・仮橋工を行い迂回路が供用開始され、令和3年度から4年度にかけて護岸工、令和5年度に持田橋舗装・取付工が行われ、県道は令和5年度10月頃に供用開始となる予定です。

意見交換では、でき得るだけの工期短縮、迂回路供用にあたっての交通安全対策の強化、また、持田橋完成以降の改修スケジュールを早期に示してほしいといった意見がありました。近年、大雨特別警報や短時間大雨情報などの発生回数が格段に増加しています。いつ発生するかわからない洪水などの災害をある程度防止し、住民の安心と安全を確保するため、河川改修のスピードを上げていく必要があります。

説明会のようす

説明会のようす

| |

市政報告会

2021年 5月 23日

― 3月議会の一般質問および4月臨時会について報告 ―

 神門地区の皆さまを対象として、神門コミュニティセンターにおいて市政報告会を開催しました。4月に執行された出雲市長および市議会議員選挙の結果や3月議会で行った3つの一般質問(①デジタルファーストの取り組みについて②特定事業主行動計画について③コロナ収束後の出雲市農業のあり方について)を中心に報告しました。また、改選後に開催された臨時会で決定した議長・副議長や常任委員会などの構成などについても報告しました。

そのほか、市民の皆さまの関心の高い新型コロナウイルスワクチン接種計画の状況や神門地区においても懸案事項となっている斐伊川放水路関連事業において地盤沈下(一部隆起)の状況についても説明しました。

7名の皆さまにご参加いただき、私の考えや活動を知ってもらえる良い機会になったと思います。今後も、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮しながらにはなりますが、議会ごとに市政報告会を継続していきたいと思います。

市政報告会のようす

市政報告会のようす

| |

神戸川支店JA委員会初会

2021年 5月 11日

― 神戸川支店JA委員会の副会長に就任 ―

 神戸川支店JA委員会初会が神門・古志地区のそれぞれの地区委員出席のもと、JA神戸川支店において開催されました。

コロナ禍のため、年間スケジュールなどJAからの説明は省略され、地区委員の中から会長・副会長を選出する役員改選のみが行われました。その結果、会長には奥井晃氏(沖下)、5名の副会長の一人として10数年ぶりに本郷一地区の委員を務めることとなった私が副会長に就任することとなりました。

JA委員の業務は、組合員大会開催に伴う周知や参加、神戸川ふれあい祭りの手伝い、座談会、一泊研修など多岐にわたっています。直接農業に従事していないため、わからないことが多いですが、一年間責任をもって務めたいと思います。

| |

神門クラブ 春の美化奉仕活動

2021年 5月 9日

― 町内のごみ拾いを行う ―

 神門クラブの美化奉仕活動を行いました。本来は5月2日に行う予定でしたが、雨天であったため、一週間ずらして行いました。町内を回りましたが、農作業の時期で風の強い日もあったことから、ダンボールやビニール袋、紙くずなどが多く落ちていました。一時間ほどでしたが、ごみ袋一杯分のごみを収拾しました。

神門クラブでは、毎年春と秋の二回に分けてごみ拾いを行っています。「われらは奉仕する」の合言葉のもとに、都合のつく限り参加し、きれいで住みよい地域づくりに貢献していきたいと思います。

収拾したごみ

収拾したごみ

 

| |

市政報告会

2021年 2月 7日

― 12月議会の一般質問および市政の課題などについて報告 ―

 神門地区の皆さまを対象として、神門コミュニティセンターにおいて市政報告会を開催しました。報告会では、12月議会で行った2つの一般質問(①イノシシ被害の現状と課題について②地域の共同活動における諸課題について)を中心に報告しました。また、今後の大型公共事業として、次期可燃ごみ処理施設、新体育館、行政センターの改築、学校再編などの進ちょく状況や今年度行った「議会活動に関する市民アンケート」の調査結果を踏まえ、市議会および市議会議員の活動に関する課題などについても問題提起しました。

約30名の皆さまにご参加いただき、私の考えや活動を知ってもらえる良い機会になったと思います。今後も、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮しながらにはなりますが、議会ごとに市政報告会を継続していきたいと思います。

市政報告会のようす

市政報告会のようす

| |

神門地区総合文化祭

2020年 11月 3日

―  地区の皆さんの作品を一堂に展示 ―

 令和2年度の神門地区総合文化祭が開催され、観覧しました。今年度の文化祭は、新型コロナウイルス感染症予防のため、地域の皆さんの作品展示のみとし、11月1日~11月3日の期間で開催されました。

作品には、地域の皆さんの陶芸や絵画、切り絵、書などのほか、保育園、小学校、中学校からもそれぞれ工夫を凝らした作品が出展されていました。また、神門川小学校・河南中学校活動のDVDの上映もあり、体育祭などのようすを楽しく観させていただきました。

例年は出店が立ち並び、来場客も多く賑やかの雰囲気のもとで開催されますが、今年は新型コロナウイルスの影響により、来場客もまばらで少し寂しい感じがしました。来年は、再び活気のある文化祭が開催されればと願っています。

陶芸教室の皆さんの作品

陶芸教室の皆さんの作品

神門保育園児の作品

神門保育園児の作品

 

| |

町内一斉ごみ拾い

2020年 10月 18日

― 交差点や草むらにごみが集中 ―

神門地区農地・水・環境を守る会が主催する町内一斉ごみ拾いが行われ、参加しました。約30名の参加があり、本郷文化会館を起点として、4~5人に分かれ、ごみを拾って回りました。

ごみには、紙くず、たばこの吸い殻、空き缶、ペットボトルなど多くのものがありました。中には使わなくなった運動靴なども含まれていました。特に、交差点付近や草むらに集中している傾向にあります。住民のマナー向上により、ごみを出さない取り組みをしていくことが必要です。

拾ったごみ

拾ったごみ

| |

花の郷美化ボランティア

2020年 10月 17日

― 除草作業を行う ―

 出雲国際交流クラブの一員として、花の郷美化ボランティア活動に参加しました。花の郷内にある芝生の中に生えている雑草を除去するもので、根気のいる作業となりました。早朝7時からの作業でしたが、約80名の参加があり、広い園内の芝生も1時間ほどで見違えるように綺麗になりました。前日に降った雨も上がり、作業によってすがすがしい一日のはじまりとなりました。今後も地域のさまざまなボランティア活動には、可能なかぎり参加していこうと思います。

除草作業のようす

除草作業のようす

| |

神門クラブ奉仕活動

2020年 9月 13日

― きれいになった校庭で思い出に残る運動会を ―

 神門クラブの社会委員会の事業として、例年実施されている神戸川小学校校庭の除草作業があり、参加しました。神門クラブの活動は、4月以降、新型コロナウイルスの影響により自粛されていましたが、今年度初めての活動となりました。

奉仕作業には約40名の参加があり、草刈機や鎌などを使って1時間ほど汗を流しました。校庭の縁辺部には特に草が繁茂しており、軽トラック3台分もの量となりました。小学校の運動会は、9月19日が予定されています。きれいになった校庭で思い出に残る運動会にしてほしいと思います。

除草作業のようす

除草作業のようす

| |

神門クラブ 秋の美化奉仕活動

2020年 9月 6日

― 交差点や排水路にごみが集中 ―

 1年に2回実施される神門クラブの美化奉仕活動に参加し、本郷町内のごみ拾いを行いました。

この時期は、草が繁茂し、交差点や排水路脇の草むらには、ペットボトルや空き缶、弁当殻など、例年より多くのごみが見つかりました。また、たばこの吸い殻も交差点付近で特に多く見つかりました。これらのごみは、意図的に廃棄されたとものと考えられます。

1時間ほどの奉仕活動でしたが、拾ったごみはごみ袋2つ分にもなりました。愛煙家をはじめ、一人一人のマナーの改善により、きれいな町内にしていきたいものです。

拾ったごみ

拾ったごみ

| |