岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

地域での取り組み

町内一斉ごみ拾い

2020年 10月 18日

― 交差点や草むらにごみが集中 ―

神門地区農地・水・環境を守る会が主催する町内一斉ごみ拾いが行われ、参加しました。約30名の参加があり、本郷文化会館を起点として、4~5人に分かれ、ごみを拾って回りました。

ごみには、紙くず、たばこの吸い殻、空き缶、ペットボトルなど多くのものがありました。中には使わなくなった運動靴なども含まれていました。特に、交差点付近や草むらに集中している傾向にあります。住民のマナー向上により、ごみを出さない取り組みをしていくことが必要です。

拾ったごみ

拾ったごみ

| |

花の郷美化ボランティア

2020年 10月 17日

― 除草作業を行う ―

 出雲国際交流クラブの一員として、花の郷美化ボランティア活動に参加しました。花の郷内にある芝生の中に生えている雑草を除去するもので、根気のいる作業となりました。早朝7時からの作業でしたが、約80名の参加があり、広い園内の芝生も1時間ほどで見違えるように綺麗になりました。前日に降った雨も上がり、作業によってすがすがしい一日のはじまりとなりました。今後も地域のさまざまなボランティア活動には、可能なかぎり参加していこうと思います。

除草作業のようす

除草作業のようす

| |

神門クラブ奉仕活動

2020年 9月 13日

― きれいになった校庭で思い出に残る運動会を ―

 神門クラブの社会委員会の事業として、例年実施されている神戸川小学校校庭の除草作業があり、参加しました。神門クラブの活動は、4月以降、新型コロナウイルスの影響により自粛されていましたが、今年度初めての活動となりました。

奉仕作業には約40名の参加があり、草刈機や鎌などを使って1時間ほど汗を流しました。校庭の縁辺部には特に草が繁茂しており、軽トラック3台分もの量となりました。小学校の運動会は、9月19日が予定されています。きれいになった校庭で思い出に残る運動会にしてほしいと思います。

除草作業のようす

除草作業のようす

| |

神門クラブ 秋の美化奉仕活動

2020年 9月 6日

― 交差点や排水路にごみが集中 ―

 1年に2回実施される神門クラブの美化奉仕活動に参加し、本郷町内のごみ拾いを行いました。

この時期は、草が繁茂し、交差点や排水路脇の草むらには、ペットボトルや空き缶、弁当殻など、例年より多くのごみが見つかりました。また、たばこの吸い殻も交差点付近で特に多く見つかりました。これらのごみは、意図的に廃棄されたとものと考えられます。

1時間ほどの奉仕活動でしたが、拾ったごみはごみ袋2つ分にもなりました。愛煙家をはじめ、一人一人のマナーの改善により、きれいな町内にしていきたいものです。

拾ったごみ

拾ったごみ

| |

芦渡北自衛消防隊水出し訓練

2020年 8月 30日

― 猛暑の中、13名が参加 ―

2か月に1回の芦渡北自衛消防隊の水出し訓練が行われ、猛暑の中、13名が参加し、約20分間放水しました。訓練では、小型発電機およびホースを設置し、エンジンを回しましたが、小型発電機の老朽化により、エンジンの掛かりが年々悪くなってきています。

7月には、町内の資材置き場において火災が発生しています。幸いなことに風もなく、民家への延焼は防ぐことができましたが、防火対策の徹底が必要です。

訓練の場である極楽寺には、県指定の木造阿弥陀如来坐像が安置されています。万一の火災に備え、小型発電機の取り替えとともに、日頃からの訓練欠かせないことを実感しました。

水出し訓練のようす

水出し訓練のようす

| |

神西湖流域整備促進期成同盟会報告会

2020年 8月 27日

― 神西湖流域整備のさらなる促進を ―

 レストランビアムーンにおいて、令和2年度の神西湖流域整備促進期成同盟会の報告会が開催されました。この会は、神西湖流域の整備計画に基づく事業の促進を図り、流域の安全と発展に寄与することを目的に、古志、神門、神西、湖陵の4地区から役員を選出し、各種事業を行っています。報告会では、令和元年度の事業報告および決算報告、令和2年度の事業計画および予算が提起され、それぞれ承認を受けました。令和2年度事業計画の主なものとして、例年行っている県知事、出雲市長への要望、神西湖流域川まちづくり計画の推進などがあげられています。
また、出雲土木整備事務所より今後の整備計画についての説明を受けました。神西湖流域の整備については、河川の改修が少しずつ進んではいるものの、現状では河川の狭小さなどから一部で洪水が起きている地域があります。これらを解消していくためには、現在の整備区間の上流河川にも整備計画を策定していく必要があります。一議員として期成同盟会との連携を図るとともに、早期完工と必要な対策に向けた意見反映を行っていきたいと思います。

会議のようす

会議のようす

| |

令和2年度 神門商工振興会通常総会

2020年 7月 25日

― 久しぶりに地域活動に参加 ―

 神門商工振興会の通常総会が「ビアムーン」において開催され、参加しました。新型コロナウイルス感染症の影響により、地域の総会は軒並み中止を余儀なくされ、書面決議などにより承認を得る形式が取られていたことから、久しぶり地域活動への参加となりました。

総会では、令和元年度の事業報告および令和元年年度の決算、令和2年度の事業計画、予算が提起され、それぞれ承認されました。新型コロナウイルス感染症の影響により、商工振興会の皆さんにとっては、経済的にも厳しい状況が続いています。また、今年度事業では、すでにさくら祭り、真幸ヶ丘公園まつりなどの主要な事業の中止が決定するなど、その影響は計り知れません。

出雲市においても緊急地域経済対策として、地域産業をさまざまな側面から支援していますが、できる活動を一歩ずつ、地道に継続しながら、徐々に経済活動が上向いていくこと願うとともに、地域の皆さまの声を反映した必要な支援策を提言していきたいと思います。

藤江会長のあいさつ

藤江会長のあいさつ

| |

芦渡北自衛消防隊水出し訓練

2020年 6月 14日

― 久しぶりの訓練再開 ―

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、しばらく休止されていた自衛消防隊の水出し訓練が再開され、参加しました。当日は2日間降り続いた豪雨により、水溜がほぼ満杯となっていましたが、発電機を回し、10分程度の水出しを行いました。ポンプの調子も良好で、問題はなさそうです。

火災がいつ起きても対処できるよう、訓練は欠かすことはできないものですが、コロナウイルスの影響はあらゆるところで生じています。さまざまな工夫を凝らしながら、定期的な機会を持つことが大切だと思います。

水出し訓練のようす

水出し訓練のようす

| |

神門クラブ春の美化奉仕活動

2020年 5月 2日

― 町内のごみ拾いを行う ―

 神門クラブでは、毎年春と秋の2回、町内のごみ拾いを行う美化奉仕活動を実施しています。本郷町内では、文化会館に7時に集合し、約1時間にわたってごみ拾いを行いました。

回収したごみは、ビニール、空き缶、空き瓶、プラスティックやたばこの吸い殻など多岐にわたります。特に集中している場所は叢で、意図的に捨てられた空き缶や空き瓶が多く見られました。また例年と同様、たばこの吸い殻が多いのが目立ちました。喫煙者のマナーが求められます。

1時間ほどのゴミ拾いでしたが、ごみ袋に約半分のごみを回収しました。ごみの少ないきれいな街になるよう、これからも継続した取り組みを実施していこうと思います。

回収したごみ

回収したごみ

| |

芦渡北自衛消防隊

2020年 3月 1日

― 今年度最後の水出し訓練 ―

 芦渡北自衛消防隊の水出し訓練が行われ、隊員16名が参加しました。小型ポンプを設置し、ホースを取り付けて水出し訓練を行いました。小型ポンプは古くなっているものの、まだ現役で使用できそうです。

今年度は隊長の任に当たりましたが、皆さんの協力により、滞りなく任務を全うすることができました。次年度以降も都合のつく限り参加し、地域防災における支援を行っていきたいと思います。

水出し訓練のようす

水出し訓練のようす

| |