岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

ブログ

集落応援隊

2015年 7月 26日

―草刈りで地域に貢献―

 今年2回目となる集落応援隊に参加しました。30度を超える猛暑の中、約30名の応援隊が参加し、佐田町須佐の山中自治会内の道路沿い、約1kmの草刈りを行いました。

山中自治会には5件ほどしか民家がありませんが、原田地区へと続く道路は雑草が繁茂していました。2時間ほどの作業となりましたが、道路周辺は見違えるほどきれいになり、見通しも良くなりました。

出雲市内では、草刈りなどを自治会のみで対応するのが難しい地域が年々多くなっています。主に少子高齢化と人口流出がその要因と思われますが、集落応援隊に草刈りなどを要請することによって安心・安全や環境が維持できています。今後も都合のつく限り、参加したいと思います。

草木が繁茂する道路沿い

 

| |

出雲フィルハーモニー交響楽団 第19回定期演奏会

2015年 7月 20日

―生誕150年を迎える作曲家の作品を演奏―

 出雲フィルハーモニー交響楽団の第19回定期演奏会が、出雲市民会館でほぼ満席の中行われ、聴きに行きました。

今回、演奏された曲は、いずれも生誕150年を迎える作曲家J.シベリウス(フィンランド)、P.デュカス(フランス)、C.ニールセン(デンマーク)の3人の作品です。

音楽に詳しくない私にとっては、どの曲も初めて聴くものばかりでしたが、指揮者・中井章徳氏による時代背景や作曲家のエピソードなどの解説によって、何となく作品に込められたメッセージが読み取れました。

1997年、音楽を通した潤いと活力あるまちづくりを進める出雲市の支援を受けて誕生した出雲フィルハーモニー交響楽団も、今年で18年目となります。今後とも素晴らしい演奏を全国各地で奏でてほしいと思います。

| |

里見香奈後援会総会

2015年 7月 12日

―今後のタイトル戦に向け、力強くあいさつ―

 ラピタウエディングパレスにおいて、約60名の出席者のもと「里見香奈後援会総会」が盛大に開催されました。

里見さんは、「体調不良により休場して心配をおかけしましたが、温かく見守っていただいたことに感謝します。体長管理に気を付け、精一杯頑張っていきたいと思います。」と力強くあいさつされました。

総会では、平成26年度活動報告、決算報告が行われ、それぞれ承認されました。また、平成27年度の活動計画、予算、役員体制について提起され、それぞれ承認されました。

里見さんは、現在、女流名人と女流王位の2冠となっていますが、復帰後は快進撃を続けています。以前5冠に輝いていた当時を再び目指してほしいと思います。

あいさつする里見香奈さん

あいさつする里見香奈さん

| |