岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

議会での取り組み

島根県市議会議長会議員研修会

2015年 7月 10日

 ―危機管理術について学ぶ―

 島根県市議会議長会の主催による議員研修会が、大田市の「島根県立男女共同参画センター・あすてらす」において開催されました。

講師の大塚康男氏は、千葉県市川市で法規部局や議会事務局などの業務に携わり、現在は市町村アカデミー客員教授という経歴を持ち、「議会人が知っておきたい危機管理術」という演題で講演されました。

政務活動費の経費項目として支出できないものや視察の態様、兼業の禁止にあたるものなど、いずれも裁判の判例を示しての話は、たいへん分かりやすく、説得力のあるものでした。

住民の代表として地方行政を担う市議会議員に期待される役割と責任は、ますます重要となっています。政務活動費の使徒をめぐる議員の辞職や不祥事など、議会が混乱する事件も後を絶ちません。リスク管理能力を身につけ、住民への説明責任に応じられるよう透明性を確保した行動の必要性を学ぶことができ、大変有意義な研修会となりました。

大塚康男氏による講演

大塚康男氏による講演

 

| |

トキ協議会

2015年 7月 7日

―トキ公開検討会議を設置―

 会員9名と農林水産部局の職員出席のもと、今年度初めてとなるトキ協議会が開催されました。

はじめに、トキ分散飼育事業について担当課より説明があり、これまでの4年間で25羽を佐渡へ移送し、うち19羽が放鳥されていることや今年度の出雲市での繁殖目標が4.5羽であることなどが報告されました。

また昨年、環境省が示したトキ公開基準をもとにトキ公開計画案などを検討するため、トキ公開検討会議の設置についての説明があり、公開の基本的考え方として「見る・知る・広げる」をコンセプトに検討していく方針が示されました。

トキの一般公開にあたっては、分散飼育地である石川県立いしかわ動物園において昨年、一般公開実施計画書(案)について協議されましたが、佐渡市長及び佐渡市議会が佐渡市民に十分な説明がないまま公開しないよう環境省に求めた経緯があったものの、現状では公開に向けて既に事業に着手されているとのことです。

今後、出雲市においてもトキをシンボルとし、森林・水辺などの保全・再生や環境保全型農業の推進といった自然環境におけるブランドの確立や環境にやさしい産業の推進、子どもたちへの環境教育など産業・文化・教育との相乗効果を生み出すとともに、観光資源として活かせるような具体的な計画を策定してほしいと思います。

| |