岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

ブログ

とめよう!「戦争法案」8・30出雲大集会

2015年 8月 30日

―450名が集結し、安全保障関連法案に反対―

 「戦争する国づくりは許さない出雲の会」が主催する出雲大集会に、弁士として参加しました。集会は、出雲市役所お祭り広場において開催され、集団的自衛権の行使に反対する団体や政党関係者、子ども連れの主婦など、約450名が集結しました。

衆議院での強行採決後、安保関連法案の廃案を求める運動は全国的に広がり、国会前では連日にわたって数万人もの国民が廃案を訴えています。

国民の6割が今国会での成立に反対、8割が政府は十分な説明責任を果たしていないとするこの法案の成立は、何としても阻止しなければならないと思います。政府は、主権者である国民の声を十分に受け止めるべきです。

| |

出雲市職員労働組合 合併10周年記念事業

2015年 8月 22日

―前執行委員長として功労者表彰を受ける―

 2市4町の合併から10年が経過し、出雲市職員労働組合の記念事業が、ラピタウエディングパレスにおいて約300名の組合員が出席する中、開催されました。

式典では、岩﨑執行委員長をはじめ、県本部小林副委員長、長岡出雲市長から、それぞれこの10年を振り返るあいさつがありました。合併当時には多くの不安を抱えたままでのスタートとなった労働組合も、いつしか気心の知れた一体感のある組織に近づいてきたように思います。

また、私も前執行委員長として功労者表彰を受けました。身に余る光栄ではありますが、今後は議員としてさまざまな活動をとおし、組合員の皆さんにお返しをしていかなければならないと思います。

その後行われた記念交流会では、コージー冨田のものまねライブで大いに盛り上がりました。家族連れの組合員の参加も多く、大変楽しめた一日になったことと思います。

| |

出雲市戦没者追悼・平和祈念式典

2015年 8月 9日

―戦後70年を迎え、恒久平和の誓いを―

 出雲市民会館において、関係者約800名の参加のもと、「出雲市戦没者追悼・平和祈念式典」が開催され、来賓として参加しました。

式典では遺族代表者による平和祈念のことばや献花などが行われました。出雲市でも戦没者の方々は6244名を数えますが、その遺族の方も戦後70年を迎え、高齢化しているのが実情です。戦没者の方々を追悼するとともに恒久平和への誓いを新たにしていく必要があります。

また、平和への想い、平和への誓いの言葉が、それぞれ戦争を生きた方と小学生から述べられました。こうした機会をとおして体験者の教えに学び、語りつなげていくことが不戦を誓い、恒久平和を築いていくために大切なことであると改めて感じました。

祈念式典のようす

祈念式典のようす

| |

赤川遊歩道の清掃活動

2015年 8月 2日

―親子で楽しく社会貢献―

 出雲市職員連合労働組合が社会貢献活動の一環として行う赤川遊歩道の清掃活動に参加しました。当日は、個人や、親子参加など約40名の参加により、出雲市駅南町の赤川沿い約500m区間の両岸でゴミ拾いをしました。

ゴミの多くは、たばこの吸い殻や空き缶、空き瓶、お菓子の包装紙などでしたが、中には看板や金属類といったものもありました。最近、ゴミで特に目立つのがたばこの吸い殻です。美しい景観を保つためにも、一人ひとりが心がけ、マナーを遵守してほしいと思います。

夏休み中であったため、親子参加も多くみられ、環境問題を考えるとともに、楽しく社会貢献ができるボランティアとなりました。

| |

第30回 SWIMRAN in 多伎

2015年 8月 2日

―何とか制限時間内にゴール―

 第30回 SWIMRAN in 多伎のロングの部に出場しました。ロングの部は、スイム2.4Km、ラン21kmのコースで、実に20年ぶりにロングの部での出場となりました。このために日頃から練習を積み重ねてきたものの、暑さと制限時間の4時間がクリアできるのかとの不安がある中でのスタートとなりました。

スイムは、予想タイムより10分あまり速いタイムの1時間6分49秒で泳ぎ切り、ランも11km付近までは順調でしたが、暑さによるスタミナ切れにより下り坂で足にきてしまい、その後は半分くらい歩いてのフィニッシュとなりました。結局ランは2時間44  分58秒、合計3時間51分47秒という結果でした。

来年に向けて特にランの後半の克服が課題です。30分はタイムを縮められるよう、今後とも練習に取り組もうと思います。

フィニッシュ後に記念撮影

フィニッシュ後に記念撮影

| |