岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

ブログ

「出雲の国」中国地区親善交流野球大会

2015年 9月 21日

―秋晴れの中、県内外から16チームが集う―

 第6回目となる「出雲の国」中国地区親善交流野球大会が、斐伊川河川敷公園グラウンドにおいて県内から8チーム、中国4県から8チームの参加により開催されました。この大会は、野球を通じた小学生の技術向上と交流、保護者間の交流に合わせ、地域間の交流を目的としています。秋晴れの中、子どもたちは必死に白球を追いかけていました。

大会は、2日間にわたってトーナメント戦で行われますが、惜しくも敗れたチーム同士でも試合を行い、最後まで交流が図られます。

出雲の地で開催されることは、大変喜ばしく、これからも10回、20回と末永く続くよう、願っています。

開会式のようす

開会式のようす

 

| |

出雲市総合社会福祉大会

2015年 9月 16日

―新百歳、米寿、功績があった方々を表彰-

 多くの参加者のもと、出雲市民会館大ホールにおいて「平成27年度出雲市総合社会福祉大会」が開催されました。

今年は、出雲市内で新百歳の方が61名、米寿を迎えた方が1,183名ということで、それぞれ記念品が贈呈されました。なお、市内最高齢者は斐川町在住の109歳の方だそうです。

また、合わせて民生児童委員、社会福祉施設、社会福祉協議会及び福祉団体等役職員などで永年にわたり功績があった方々の表彰もありました。

年々平均寿命が延び、日本は女性が世界1位、男性は世界4位となっています。少子高齢化に伴い、介護、福祉関係者の人材不足など課題はありますが、高齢者の方々が健康で生きがいのある生活ができるよう、支援していくことが重要です。

表彰のようす

表彰のようす

 

| |

出雲市防災訓練

2015年 9月 1日

―豪雨による土砂災害を想定した訓練を実施―

 防災の日である9月1日、上塩冶スポーツセンター東側の広場をメイン会場に、「豪雨による土砂災害に対する各防災関係機関の連携による災害対応と住民の避難対応」をテーマに出雲市防災訓練が行われました。

当日は雨の降る中、県警ヘリによる避難広報など一部が中止となりましたが、豪雨による土砂災害を想定した訓練と地震を想定した訓練などが行われました。また、あわせて全参加者が実践するシェイクアウト訓練(地震から身を守る訓練)も昨年に引き続き取り入れられました。

災害に関しては、出雲市災害対策本部と消防関係機関、団体等の密接な連携による災害対応が必要となります。突然襲ってくるさまざまな災害に対して常に備えるとともに、全国各地での災害の教訓を活かしていくことも重要な視点だと思います。

土砂災害を想定した訓練

土砂災害を想定した訓練

| |