岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

ブログ

トキと花の郷ふれあいウォーク

2019年 4月 29日

― 心地よい汗を流す ―

 トキと花の郷ふれあいウォークが開催され、妻と二人で5㎞コースに参加しました。2.5㎞、10kmのコースあわせて約600名の参加者があり、心配された天気も何とか曇り空のもと、最後まで持ちました。

新緑の中、約1時間、ゆっくりと景色を楽しみながら、心地良い汗を流すことができました。参加者の皆さんもそれぞれのペースで楽しんでいる様子がうかがえました。終了後にはおにぎりと豚汁、花の苗の提供など盛りだくさんのサービスもあり、得した気分になりました。来年も都合がつけば是非参加したいと思います。

ウォークのようす

ウォークのようす

| |

第90回 出雲地区メーデー

2019年 4月 28日

― 「働くことを軸とする安心社会」の実現を ―

 第90回出雲地区メーデーが出雲市民会館において、約400名の組合員および家族が参加して開催されました。式典では、主催者、来賓のあいさつのほか、参加組合の紹介、今年のスローガン、「格差をなくし、平和を守る!笑顔あふれる未来をつくろう すべての仲間の連帯で!」の採択、メーデー宣言の採択などが行われ、最後は常松出雲地区会議議長の団結ガンバローで締めくくりました。式典修了後には、お楽しみ抽選会、各構成組織による出店、献血コーナーなども設置され、家族連れで賑わっていました。

今年4月からは、改正労働基準法をはじめとする働き方改革関連法が施行されています。誰もが健やかに安心して働き続けられるよう、36協定の順守など真に働く者のための働き方改革を確実に遂行していくことが求められています。諸団体と手を携え、「働くことを軸とする安心社会」の実現を目指した取り組みが不可欠です。

組合旗を掲げ登壇する構成組織

組合旗を掲げ登壇する構成組織

| |

出雲王墓の里文化財ガイドの会総会

2019年 4月 18日

― 年間事業計画を承認 ―

王墓の里文化財ガイドの会総会が出雲弥生の森博物館において開催され、出席しました。

総会には15名が出席し、平成30年度事業報告、決算報告、平成31年度事業計画、予算が提起され、それぞれ承認されました。今年の会員は2名の加入があったものの、総数は22名(うち特別会員4名)と減っており、引き続き会員増に向けた取組みとガイド活動の情報発信の強化が望まれます。

今年度事業では、トロッコ列車ガイド4回のほか、「古代出雲王墓の里だより56号」の執筆を担当することになりました。限られたお手伝いしかできませんが、出雲の魅力を発信することに少しでも貢献したいと思います。

石崎会長のあいさつ

石崎会長のあいさつ

| |

出雲市職員退職者会定期総会

2019年 4月 15日

― 10名の新会員を迎え、総勢98名に ―

 出雲市職員退職者会第11回定期総会が、出雲会館において35名の参加により開催されました。今年度は新たに10名の加入があったものの7名の退会もあり、会員は総勢98名となりました。100名の壁がなかなか突破できない状況にありますが、粘り強い加入促進の取り組みが必要です。

総会では、2018年度の活動報告、決算報告、会計監査報告、2019年度の活動方針、予算、役員体制が提起され、それぞれ承認されました。退職者会では、さまざまな事業を行っていますが、事業の良さが伝わらず、参加者が限られた状況にあるのが現状です。来年度は結成10周年を迎えることからも会員相互の交流と親睦を深め、参加しやすい環境をつくり出すことが重要だと思います。

定期総会のようす

定期総会のようす

| |

出雲市職員連合労働組合新入組合員歓迎会

2019年 4月 13日

― 45名の新入職員が組合に加入 ―

出雲市職員連合労働組合の新入組合員歓迎会が、ロイヤルホテルにおいて開催され、参加しました。今年の新入組合員は45名で、午前中からみっちりと組合や共済活動についての学習会を行った後での宴となりました。

新入組合員は、既に各課に配属され、初めての業務に覚えることも多いと思いますが、課の先輩からの指導を受け、少しずつ慣れていってほしいと思います。また、今年は中途採用者も多く、18歳から34歳までと幅広い年齢層となっています。同じ年に入った仲間として、より良い公共サービス提供のため、末永く交流を深め、切磋琢磨して行ってほしいと思います。

| |

ディオッサ出雲FC「2019キックオフパーティー」

2019年 4月 9日

― 今年こそチャレンジリーグへの昇格を ―

 ディオッサ出雲FCの今年のシーズン開幕を控え、「2019キックオフパーティー」がロイヤルホテルにおいて開催され、参加しました。会場には支援企業やサポーターなど約100名が駆けつけ、今シーズンへの期待の高さがうかがえました。

冒頭、あいさつに立った堺陽二新監督は、「今年こそ地域リーグからチャレンジリーグへの昇格を果たし、皆さまの期待に応えたい。選手、スタッフが一丸となり、普段の力を出し切ることが結果として昇格につながる」と力強く意気込みを語りました。

パーティーでは、出雲観光大使X+(えくすと)によるディオッサ応援ソングの披露や選手たちとの歓談で大いに盛り上がりました。今年は新たに3名の新メンバーを加えましたが、他チームも年々レベルを上げ、激しい昇格争いとなりそうです。今月27日から始まるリーグ戦では、一戦一戦に集中し、悲願のチャレンジリーグ昇格を果たしてほしいものです。

決意表明するディオッサ出雲

決意表明するディオッサ出雲

| |

出雲市立みなみ小学校開始式

2019年 4月 8日

― 新たな歴史を刻む ―

 朝山小学校と乙立小学校の統合による「みなみ小学校」の開始式が、教師、児童のほか地元関係者、議員など約150名が参加し、挙行されました。式典では、市長、校長のあいさつ、校旗の授与、新たな校歌も披露され、新たな歴史を刻む小学校の門出を祝いました。

市内の小中学校では、特に中山間地域や海岸部において少子高齢化の影響により再編統合が進んでいます。新たな「みなみ小学校」として、地域を元気づける存在であり続けてほしいと思います。

校旗の授与

校旗の授与

| |