岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

出雲市職員連合労働組合2018旗開き

2018年 1月 12日

― 最重要課題は臨時・非常勤職員の組織化 ―

 市職連合の旗開きが、出雲会館において約70名の参加者のもと、盛大に開催されました。冒頭、あいさつに立った坂根委員長は、「平成32年4月施行となる臨時・非常勤職員の会計年度職員への移行に向け、組織化を図ることが最重要課題である」と決意表明されました。

市職連合にとって、臨時・非常勤職員の組織化をはじめ、支所機能の見直し、下水道職場の公営企業会計への移行など、課題は山積していますが、職員にとってより良い労働条件の中で、質の高い公共サービスが提供できるよう、春闘から始まる各闘争を一致結束して闘ってほしいと思います。

私も組織内議員として、精一杯支援するとともに、今年一年が組合員の皆さん、ご家族にとって素晴らしい年になりますよう、祈念します。

あいさつする坂根執行委員長

あいさつする坂根執行委員長