岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

議会改革・調査特別委員会

2018年 1月 29日

― 議員定数について意見交換 ―

 現在32名である議員定数について、各会派における検討から、意見交換を行いました。大勢としては、削減すべきとの意見が多くを占めましたが、現状維持を主張する会派もあり、その理由付けもまちまちです。削減にしても28名から31名までの幅があり、調整にはもう少し時間がかかると思われます。いずれにしても、議員の半数以上がある程度納得できるよう、合意形成を図る必要があります。

削減する場合の整理すべき問題点として、1常任委員会あたりの議論可能な人数や議員一人当たりが受け持つ人口比、採決で同数となった場合委員長が決するか否か、議長が常任委員会に所属するか否かなどがあげられます。

また、議員の定数、役割などについて、議会基本条例を今一度、検証することの必要性から、学習会を開催することも決定しました。議員全体で議会基本条例における実践の有無や条文の見直しなども含めた議論を深めていくことが重要だと思います。

議会改革・調査特別委員会での質疑

議会改革・調査特別委員会での質疑