岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

行財政改革特別委員会・総務委員会連合審査会

2018年 3月 9日

― 支所機能のあり方について議論 ―

   出雲市自治会連合会をはじめ、支所を有する各自治協会、行財政審議会などからの意見を踏まえ、支所機能のあり方(素案その2)が示され、行政改革部および自治振興課から説明を受けました。

主な意見としては、防災初動体制、除雪対応など災害体制、防災体制への不安や、保健師の支所配置の必要性、さらなる人口減少への危機感などがあったようです。意見を踏まえ、変更点として、(仮称)行政サービスセンターの基本的業務に保健師による健康相談が明記され、地域のまちづくりにおける役割として、これまでと同様に地域自治組織、コミュニティセンターとの連絡調整、地域からの相談の本庁への取り次ぎ、地域の主体的な活動への支援などを行うこと、また、地域における防災業務においても、これまで同様、初動対応業務を行っていくことも合わせて明記された案が示されました。

しかしながら、本庁と支所の細かな業務の割り振りによる事務分掌の整理、それに伴う人員体制については未だ示されていません。今後、業務を精査する中で、人員体制を含めた案を提示し、改めて議会や自治会連合会、行財政改革審議会などへ丁寧に説明していくことが必要です。

連合審査会での質疑

連合審査会での質疑