岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

出雲市戦没者追悼・平和祈念式典

2018年 8月 5日

― 平和への誓いを新たに ―

 出雲市戦没者追悼・平和祈念式典が大社文化プレイスうらら館において、約600名の参列者の中、挙行されました。

戦没者に対しての黙とうから始まり、遺族会会長の春木芳子氏からの平和祈念のことば、献花と続きました。そして、「平和への想い」と題して、戦争体験者である西尾晶吉さんから戦争に至るまでの状況が語られました。最後に、国富小学校児童4名により、修学旅行の広島平和記念資料館で学んだ原爆の恐ろしさや、二度と戦争を起こしてはいけないという誓いが語られました。

戦没者の遺族の方も高齢化が進み、年々参列者も少なくなってきていますが、戦争体験を次世代に伝え、戦争のない、平和を願う心を持つことが大切だと思います。

国富小学校児童による平和への誓い

国富小学校児童による平和への誓い