岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

寿生病院開院30周年記念、寿生苑移転新築工事竣工

2014年 6月 26日

―施設見学が開かれる―

 出雲市上塩冶町の寿生病院がこのほど30周年を迎えるとともに、介護老人保健施設の寿生苑の移転新築工事が完了したことから、施設見学会が開催されました。

病院に隣接して寿生苑は、これまでの2施設の老朽化と機能充実を図るために新たに新築移転されたものです。実際に入所者が移られるのは、7月23日とのことですが、入所100床、通所リハビリテーション40名に対応できる施設となっており、3階建てです。

広い空間のある食堂、デイルーム、機能訓練室のほか、診察室や相談室、栄養士室なども各階に設置されており、入所者の方々には使いやすい施設となりそうです。

超高齢化が進み社会状況も大きく変わる中、時代の要請に応えて機能の充実を図っていくことは大切です。市内でもまだまだ介護施設が不足している状況ですが、誰もが健やかな老後を安心して迎えられる社会の実現を目指していく必要性を感じました。

広い空間の食堂・デイルーム

広い空間の食堂・デイルーム