岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

環境経済常任委員会・予算特別委員会分科会

2018年 12月 13日

― 条例案件1件、単行議決案件2件、請願1件が審査 ―

 環境経済常任委員会には、条例案件1件、単行議決案件2件、請願1件が付託されました。

「出雲市次期可燃ごみ処理施設設置施設事業者選定委員会条例を廃止する条例」は、次期可燃ごみ処理施設の建設および運営事業者の選定にあたり、答申を基に事業者を決定し、委員会としてのすべての所掌事務が終了し、委員の任期が満了したことに伴い、条例を廃止するものです。

「工事請負契約の締結について(旧神西清掃工場解体工事)」は、解体工事にあたり、4億68万円で村本建設・出雲土建特定建設工事共同企業体と工事請負契約を締結するものです。

「財産の無償貸付の一部変更について」は、市が公募した出雲市ご縁広場での物販・飲食施設および駐車場の用地として、株式会社健菜厨房に財産を無償で貸し付けるものです。

請願第5号「斐伊川右岸東部地区(仮称)農業農村基盤整備調査の早期着手を求める請願」は、農業競争力強化に向けた産業政策として、AI・IoTの先端技術導入を図るとともに、圃場の大区画化と機能的排水施設を確立し、1,610haの大規模調査を国営事業として早期に着手するための事前調査を求めるもので、実際に現地視察を行ったうえで審議しました。

また、予算特別委員会環境経済分科会には、「平成30年度一般会計第3回補正予算」に係る所管事項が付託されました。必要な道路整備に係る測量設計業務委託を行う斐川工業団地周辺整備事業として1,420万円、日御碕灯台にLED照明を常設し、灯台のライトアップイベントなどを開催する観光誘客推進事業として1,310万円、次期可燃ごみ処理施設へのアクセス道路の改良工事などを行う市道古志86号線外道路改良事業に1,000万円が計上されています。

条例案件、単行議決案件、請願、予算案件については、審査の結果、いずれも全会一致により可決または採択すべきものと決定されました。

地盤沈下により露出したパイプライン

地盤沈下により露出したパイプライン

環境経済常任委員会での質疑

環境経済常任委員会での質疑