岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

神門地区 新年賀会

2019年 1月 12日

― 神門地区にとって良い一年に ―

 神門地区新年賀会が朱鷺会館において約100名が参加し、盛大に開催されました。冒頭、あいさつに立った神田自治協会長は、今年は新天皇の即位もあり、年号が変わる大きな節目の年にあたる年であることに触れられました。また、近年相次ぐ大災害について、常に万全な対策と住民の減災に対する意識向上が必要であるとの認識が示され、地区としても最大の課題として取り組んでいきたいと述べられました。

今年は「亥」年で、過去を振り返ると関東大震災や阪神・淡路大震災も「亥」年に発生しています。自然災害は防ぎようがありませんが、一人ひとりの意識の向上により、少しでも減災につながるはずです。安心・安全な地域を目指すとともに、今年一年が神門地区、ひいては出雲市にとって良い一年であることを願っています。

神田自治協会長のあいさつ

神田自治協会長のあいさつ