岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

全員協議会

2019年 12月 19日

― 14項目の一般行政報告 ―

 全員協議会が開催され、14項目の一般行政報告がありました。

主なものとして、「出雲市まち・ひと・しごと創生「人口ビジョン」・「第2期総合戦略」(案)について」は、今年度策定予定の「人口ビジョン」および「第2期総合戦略」の案が示されました。「人口ビジョン」は、平成27年度の国勢調査など直近の統計情報を踏まえて時点修正を行い、2060年の目標人口を15万人台としています。「第2期総合戦略」では、今後5年間で雇用創出数1000人、社会増1600人、出生数8000人、市民満足度調査で「住みやすいと感じる人の割合」90%などを目標値として掲げています。出生数は、第1期の目標8000人に届いてはいません。また、「住みやすいと感じる人の割合」は社会情勢などにも影響を受けやすいことなどから、必ずしも適切な目標値ではないと思います。今後、パブリックコメントをとおして市民からの意見を募り、3月には策定されることとなっています。目標値の達成には施策の充実が欠かせないことから、予算的な裏付けも含め、現実味のある計画を望みます。

「令和2年度以降の認可保育所等定員確保に対する考え方について」は、4月1日時点での待機児童数0人を目標とし、年度当初からの定員の弾力化、4月入所希望の未決定者解消のため、総数126人の定数増を図ることなどの定員確保策が示されました。今年度、厚生労働省の示す基準では、待機児童数0人となりましたが、私的理由による未決定者(77人)、転園希望(44人)があるのが実態です。待機児童が発生しないよう、行政と社会福祉法人が連携して取り組む必要があります。

「社会福祉法人による放課後児童クラブ施設整備計画について」は、旧神門保育園跡地に社会福祉法人による放課後児童クラブの新設が予定されていることが報告されました。神戸川小学校区内には、3ヵ所の放課後児童クラブがありますが、利用希望者が増加傾向にあり、今年度は19人の未決定者が生じています。市内で人口が増加している校区内では、利用希望者が増加しており、入所できない事態も生じているため、対策が急務となっています。

「廃止3体育館の個別施設計画について」は、新体育館の建設に伴い、出雲体育館、平田体育館、斐川第2体育館の3体育館について、平成11年度までに除却することが報告されました。老朽度から、出雲体育館を優先して除却する予定となっています。新体育館の建設に伴い廃止される施設においては、供用開始から5年以内に除却することで有利な財源が確保されることによるものです。

「出雲いりすの丘公園の再生に向けての検討状況について」は、平成26年度に策定した「出雲いりすの丘公園再生方針案」が5年を経過する中、社会情勢やニーズも大きく変化していることから、その方針案の見直しについて検討することとなったものです。今後のスケジュールとして、庁内検討委員会を設置し、課題に対する対応策の検討、新たな再生方針案の検討・策定を行い、令和2年度には公募・事業者が決定することとなっています。出雲市の財産として、市民に広く活用されることを望みます。

「トキの一般公開の状況について」は、今年7月から12月9日までの来場者数が15,830人で、協力金348,200円、寄付金235,172円が寄せられたことが報告されました。協力金、寄付金は予想以上ですが、来場者数は目標としていた2万人には届かない見込みとなっています。次年度の公開に向け、小中学校などにおける学習の場としての活用やイベントの開催など、さらなるPR事業が必要です。

全員協議会のようす

全員協議会のようす