岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

トキ協議会

2020年 1月 31日

― トキを活かしたまちづくりをすすめよう ―

 トキ協議会が開催され、一般公開施設の視察およびNPO法人との意見交換を行いました。

一般公開施設では、4羽のトキを観察しました。繁殖期であることからトキ色と言われる淡橙赤色ではなく灰黒色の羽毛で、元気に動き回るようすが見られました。7月から12月にかけての一般公開では、16,634人が来場しましたが、アンケート結果から、新聞、テレビなどマスコミによる宣伝効果により来場された方が多かったとの報告を受けました。

また、NPO法人国際交流フラワー21からは、「しまね花の郷」の来園者が、トキの一般公開により、約6,500人増加したとの報告がありました。トキの一般公開施設には、基本的に県の施設である「しまね花の郷」から連絡通路で接続しています。NPO法人いずも朱鷺21からは、出雲市でのトキの野生復帰に向け、トキが安心して暮らせる環境保全型農業の推進や販路拡大、普及啓発活動、野生復帰に向けた調査研究活動などをとおし、「いずもの空へ 2025 朱鷺復活プロジェクト」を設立したことが報告されました。

意見交換では、課題としてリピーター、環境学習としての活用が少ないことなどがあげられました。また、「しまね花の郷」は、花の振興を設置目的とした県施設であることから、朱鷺を積極的にPRできない、あるいは県条例の改正も必要になるなどの課題もあげられました。

トキの一般公開により、当初のトキをとおして環境の大切さを知っていただくことに加え、観光産業に資することも重要となってきています。県と市、NPO法人がさらに密な連携を図っていく必要があります。そして、トキのさまざまな話題をとおしてPRに努めるとともに、今年度の一般公開の反省を活かし、さらなる集客を図っていくことが必要だと感じました。

観察舎でのトキのようす

観察舎でのトキのようす

意見交換会のようす

意見交換会のようす