岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

高校生との意見交換会

2020年 2月 4日

― 出雲西高等学校の生徒と有意義な意見交換  ―

 出雲市議会広報広聴調査・推進委員会が主催する意見交換会が出雲西高等学校において開催されました。議員8名と出雲西高等学校から生徒10名に参加いただき、テーマは「出雲の良いところともの足りないところを語り合おう~魅力ある出雲市をめざして~」と題して語り合いました。最初に、「出雲市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本目標達成状況や「市内高校3年生を対象とした定住等意識調査」の結果について報告し、出雲市の現状を把握してから、2グループに分けて意見交換を行いました。

各グループで、出雲市の現状、良いところ、もの足りないところについて話し合い、生徒の皆さんからは積極的で建設的な多くの意見をいただきました。良いところとしては、地域の皆さんがやさしい、伝統行事が多く残っている、空気がきれいで環境が良い、自然災害が少ないなどがあげられました。そのほか、出雲神話や神在月など誇るべきものがあるといった意見もありました。特に、地域での絆の強さや人々のやさしさは、高校生の皆さんは強く感じているようで、将来生まれ育った地域に貢献したいという思いが強く伝わってきました。

一方、もの足りないところとしては、公共交通機関の不便さ、若者が流出して高齢者世帯が多い、空き家の増加、スポーツやショッピングなど若者の遊び場の不足などがあげられました。そのほか、自然災害が少ないので防災対策が十分か、伝統行事が続けていけるのかといった不安もあるとのことでした。高校生の皆さんも若い世代の減少によって、出雲市の良いところが薄れていくことを危惧されていました。

魅力あるまちにするアイディアとしては、メディアやネットを活用して出雲市の良さをもっと情報発信すべき、農地が多くあることから農業の大規模化、株式会社化、学校と地域の方との協働による事業をとおして地域の活性化を図るなどといった建設的なアイディアが数多く出されました。意見交換の前には、将来出雲市には住みたくないといった意見もあるものと思っていましたが、高校生の皆さんが出雲への愛着と誇りを持ち、地域の人々への感謝の気持ちが強いことがわかり、将来の出雲市を担っていく若者として大変頼もしく感じました。

最後に、グループ発表、生徒からの感想もいただきましたが、議員と高校生の皆さんが将来の出雲市についてともに楽しく語り合えた有意義な意見交換となったと思います。委員会としては、いただいたさまざまな意見を整理したうえで、市の政策へ積極的に活かしていくことが必要です。

意見交換会のようす

意見交換会のようす

参加者全員で記念撮影

参加者全員で記念撮影