岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

令和2年度 河南ブロック農政懇談会

2020年 7月 21日

― 21項目にわたる要望 ―

 河南ブロック農政懇談会が「ビアムーン」において開催されました。河南ブロックは、古志、神西、神門、湖陵、多伎支部で構成されており、例年、各支部における農政に係る懸案事項を抽出し、JAおよび市議会議員とともに解決に向けた協議を行っています。

今年度は、昨年からの継続事項を含め、21項目にわたる要望が提出されました。内容は、農業用水量の確保や保全管理、改修のほか、耕作放棄地対策、有害鳥獣対策など多岐にわたっています。中でも、ブロック内の南部丘陵地における有害鳥獣による被害は深刻となっています。対策として、狩猟・わなの免許取得促進や有害鳥獣の嫌がる農作物の作付けなど、予算の拡充を含めた検討が必要だと感じました。また、道路交通法の改正により2022年度から高齢者の実技試験が導入される予定ですが、大型コンバイン、トラクターなどの免許更新ができなくなった場合、離農者の増加を招くおそれがあります。免許更新は警察管轄ですが、JAによる講習機会の拡充など、何らかの対応策は必要だと思います。

これらの要望は、河南ブロックから出雲市農政会議に提出され、8月には出雲市全体の要望として取りまとめられる予定となっています。しかしながら、ブロック別の個別課題については、出雲市およびJAと直接議論する機会を設定し、一つずつ解決を図っていくことが必要だと思います。

農政懇談会のようす

農政懇談会のようす