岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

トキ協議会

2020年 11月 12日

― さらなる取り組みの強化を ―

 令和2年度の事業および「トキ野生復帰ロードマップ2025(案)」について、執行部より説明を受けました。

一般公開における来場者数は、新型コロナウイルス感染症の影響により、7月から9月にかけては約5割で推移していましたが、10月は7割程度まで回復しています。また、環境省から通年公開の了承が得られたため、12月議会で条例改正(案)を提出し、可決されれば、通年公開となる予定です。飼育状況については、AFペア、BYペアおよびBZペアの3組で繁殖に取り組み、今年度は14個の産卵数があり、4羽が巣立ったことが報告されました。なお、センター開館以来繁殖に貢献してきたAFペアは、その役目を終え、佐渡トキ保護センターに移送されています。

「出雲雲南地域広域連携生態系ネットワーク推進協議会」の取り組みについても説明を受けました。協議会では、令和元年度に土水路の分布調査および食物資源調査を出雲市稗原町、雲南市大東町で行っています。冬季にも水があるため、コウノトリ・トキの採食場所となり得ます。また、出雲市斐川町、雲南市大東町ではビオトープの整備も行われています。そのほか、シンポジウムや学習会、生き物探しなどの啓発活動を含めたもよう市も行われています。今年度の同様の事業を継続する予定であり、トキが生息できる環境づくりと、トキへの啓発をさらに強化していくことが必要です。

環境省の「トキ野生復帰検討会」において、現在、「トキ野生復帰ロードマップ2025(案)」が検討・協議されています。ロードマップは、今後の日本全体のトキ増殖事業の指針を示すものであり、国の各分散飼育地のトキ保護増殖事業はすべてこのロードマップの基づくこととなります。ロードマップ(案)では、2025までの短期的な目標として、本州でもトキが生息していける良好な環境を保全・再生するための取り組みをすすめるとされ、中長期的な目標として、本州でもトキが定着し繁殖成功できるようになるとの目標が設定されています。

これまで、佐渡島内に限定されていたトキの野生定着の範囲を本州にまで拡大して言及していることは画期的であり、出雲市でもこの機会を逃すことなく良好な環境の保全・再生をはじめとしたさまざまな取り組みを強化していくことが必要です。

トキ協議会での質疑

トキ協議会での質疑