岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

広報広聴調査・推進委員会

2020年 12月 10日

― 広報広聴における現状と課題を協議 ―

 広報広聴調査・推進委員会として、この2年間の取り組みを振り返るとともに、現状と課題について協議しました。

市議会ウェブサイト、市議会だよりの速報版については、さらなる情報発信に努め、継続していくことが必要です。CATVでの議会広報番組の放送は、定例会ごとに年4回を基本とし、臨時会についても番組制作の検討を行うこととなりました。「議会白書」の動画版制作および、議会ポストの設置における相談処理体制も含めた検討は、改選後の新体制に引き継ぐこととなりました。また、議会活動に関する市民アンケートについては、2年に1回を基本とし、アンケート結果を受けて課題を精査し、さらなる改善を図っていくことが必要です。市民と議会との意見交換会については、これまでの実績を踏まえ、学生(高校生・大学生・専門学校生)、市民団体などとの意見交換会の年2回を基本として開催する方向で一致しました。

広報広聴調査・推進委員会の今後の方向性についても協議しました。広報広聴機能を担う委員会は、議会だよりの編集を行う「議会広報誌編集委員会」と広報広聴機能についての協議または調整の場である「広報広聴調査・編集委員会」の2つの委員会があります。意見として、2つの委員会をまとめて常任委員会とする、あるいは規則を改正して決定権を持つ委員会に位置付けるという2つの意見があります。他議会において常任委員会化している参考例や課題、2つの委員会を統合するには議会広報誌編集委員会との調整も必要なことから、再度協議することとなりました。いずれにしても、この2年間の取り組みを踏まえ、今後、さらなる情報発信に向けて取り組みを強化していく必要があります。