岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

民主党男女共同参画研修会

2014年 9月 20日

―安倍政権の女性政策を検証する!―

 前参議院議員の岡崎トミ子氏を迎え、民主党島根県連が主催する男女共同参画研修会が松江市のホテル白鳥において開催されました。

安倍政権の女性政策を検証する!~それは私たちの望んでいたものか~と題した講演では、安倍政権は「地方」と「女性」に重点を置き、秋の臨時国会に「女性の活躍推進法案」を提出しようとしているが、ここには大きな問題点があるとの話がありました。

特に、安倍政権がすすめようとする女性の活躍推進には、労働規制緩和によるものが含まれているということです。つまり、多様な働き方の普及・拡大、ホワイトカラー・イグゼンプション(残業代ゼロ制度)の導入など働き方の改革をはかり、女性の社会参画をすすめていくといったものです。これらは結局、新たなワーキングプアや時間の定めがなく無制限の労働を生み出す危険性をはらんでいます。

また、子ども・子育て新制度についても財源が確保されないなど、質の確保についての政策が進まない状況になってきています。内閣改造により5人の女性が入閣し、注目を集めていますが、女性大臣の政策や発言に注視していく必要があります。女性の活躍は多様性と男女ともにという視点が欠かせないと思います。

岡崎トミ子前参議院議員

岡崎トミ子前参議院議員