岸みつぞう オフィシャルウェブサイト

自治労島根県本部第73回定期大会

2014年 9月 30日

―地域公共サービスを再構築し、共生と連帯に基づく持続可能な社会をつくろう―

 自治労島根県本部第73回定期大会が約100名の大会代議員の参加のもと、松江テルサにおいて開催されました。

冒頭、あいさつに立った成相委員長は、スコットランドの住民投票を例に挙げ、今こそ地方の声、地方自治について国が真剣に考えるべきである。国と地方は対等関係にあり、財源と権限の委譲を進めるべきだと述べました。また、臨時・非常勤の組織化をすすめるとともに賃金確定闘争を全力で闘い、生活基盤づくりをしていくことが重要とも述べられました。そして、来年5月には島根県本部60周年記念行事の開催と2017年の本部大会の誘致を力強く宣言されました。

議事では、一般経過報告や2015運動方針などすべての議案について賛成多数で承認されました。また、本大会では出雲市職連合出身で中央本部の青木真理子氏が離籍専従役員の承認を受けました。

なお、質疑では、地方自治体選挙や臨時・非常勤職員の組織化、給与制度の総合的見直しなどについて多くの意見が出され、運動方針が補強されました。今後も、さらなる運動強化によって、質の高い公共サービスを構築していただきたいと思います。

組織内議員として紹介される

組織内議員として紹介される